格安風俗店があまりお勧めできない理由とは

最近は風俗もリーズナブルになり、利用しやすくなっているのですが、安い風俗って・・と色々な印象がある方も多いと思います。

  • サービスが質素
  • 女性のレベルが低い

という不安だと思うんですが、激安な風俗でも質のいい子を厳選していますから、安い風俗店は利用するだけ無駄だと思うのは間違いなんです。

体を張ってお仕事をしているはずなのに、どうしてそんな破格で提供できるのか・・という疑問などもあると思いますが、格安店の特徴は、コースの時間設定が違うという事が挙げられます。

一般的な風俗は、60分が基本のコースで、90分・120分というコースが設けられているのですが、格安とか激安という風俗は20分とか30分という短いコースがあるのでリーズナブルに性欲発散することができるのです。

デリヘルは相場が12,000円~15,000円ぐらいのようですが、これは60分コースの利用目安です。じゃあ20分とか30分のコースなら10,000円ぐらいで利用できるんじゃないの?という事で格安デリヘルなどが進出してきているのです。

プレイ時間が短ければ、女性への負担も少ないですし、とにかくヌキたい男性のためにもショートコースの格安店はオススメなんです。

女性の寝姿

デリバリーヘルス風俗の魅力をピックアップしました

■【ピンサロ風俗の求人】自分でしっかり稼ぎたい女性の為の風俗の求人情報のまとめ
■稼げる風俗求人♪高収入バイト探しは365日マネー女子宣言!(サンロクゴ)
■URL:https://365money.jp/

デリヘルという風俗は、結構昔からあるのですが、人気が上がったのはまだ最近です。派遣型の風俗で、公安委員会へ届出をすれば営業できるのですが、利用客がコッソリ遊ぶためのシステムになっているので、デリヘルはとても高い人気を集めています。

自宅とかホテルに呼ぶという事になるのですが、かわいい女の子とすぐにエッチな関係になれるので、風俗はとても楽しい遊びです。

特にデリヘルは自宅などのプライベート空間で遊べるので、誰でも簡単に利用できるのですが、マナー違反の男性がいるのは事実です。

デリヘルは泥酔しているお客さん・本番交渉・強要のお客さんは利用することができません。エッチなことをしている最中に、「ちょっとだけ入れていい?」という男性がいるようなのですが、女の子の合意があっても挿入するのはやめた方が無難です。

お店に戻って無理矢理入れられた・・と言われてしまえば慰謝料だのなんだのとトラブルになる可能性もあります。優良店ではそんなトラブルはないと思うのですが、本番禁止というルールを守れない男性は利用するべきではありません。

デリヘルではフェラチオや素股での発射が可能なので、基本的なサービスで尽くしてもらって快感を得るのが正しい遊び方ですのでご理解いただきたいと思います。

M性感風俗の求人情報について

風俗求人の中にはM性感と呼ばれるジャンルがあります。『ソープランドやデリヘルは聞いたことがあるけど……』そんな女性にM性感の仕組みと魅力を紹介していきます。

M性感とは?

M性感とは男性を性的に責め、気持ちよくさせる風俗ジャンルを指します。一般的な恋人同士のエッチや風俗プレイは男性が責め、女性を気持ちよくするのが一般的です。

女性にとってエッチは受身で行うケースが多いでしょう。自分が男性を責め、気持ちよくさせるのは女性として考えられない。

しかし、男性の中には女性を責めるより責められ、気持ちよくされたい人も多いのです。そんな男性にサービスを提供するのがM性感と呼ばれる風俗ジャンルです。

M性感求人のメリット

M性感の最大のメリットは、女性の身体の負担が少ないことです。風俗で働くとなると、身体の負担がどうしても出てしまいます。

乳首や女性器を酷使する風俗の仕事は自分でも気づかないうちにダメージを身体にため込んでしまいます。それが原因で性病になるケースも多いでしょう。

M性感の場合は、男性を責めるのが基本です。男性から身体をイジされる心配がないので、ほかの風俗より身体の負担が少なく、長く働くことが可能です。

M性感プレイのデメリット

M性感ではソープランドレベルの高いプレイ内容が求められます。普通のエッチとSM倶楽部の中間にある変態プレイを提供するのがM性感の売りです。

内容は少しハードになり、専門的なテクニックが求められます。男性をエッチな口調で罵り、同時に身体を責めて、気持ちよくさせないといけません。

普段、エッチに受身になっている女性は男性をどう責めればいいのか分からないことも多いでしょう。

男性を責める悦び

特殊なジャンルのM性感ですが、夫や彼氏のエッチでは味わえない男性を責める悦びを体験できます。受身ばかりもいいですが、男性を責めるのも合っている女性も多いのです。